スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

月瀬の大杉

ジンです

先週の定休日に、長野県の南木曽へ行ってまいりました。

メインは木地師の里と妻籠宿でしたが、
その道中に大きな木があるということで、これはお会いしなくては。。。



国道153沿いに看板が出てきます。

    「月瀬の大杉」

CIMG1407.JPG

橋を渡り道なりに入っていくと・・・

CIMG1376.JPG

既に2台ほどの車が止まっていて、大杉とご対面されていました。

CIMG1378.JPG

長野県の根羽にある巨木です。
目通り1.5メートルの高さの幹廻りは約14メートル、樹高は40メートル。
昭和19年(1944年)に国の天然記念物に指定されたそうです。
推定樹齢1,800年。。。
長野県第1位、全国でも第6位(本州では第4位)の巨木です。


2本が繋がっているように見えますが、
大きな幹が分かれているようです。

正直、ここまで大きな樹とは想像も及びませんでした。

CIMG1382.JPG

CIMG1390.JPG

CIMG1391.JPG



なかなか画像では大きさが伝わりませんが、
左下やや奥に見えるのが身長174cmのSです。

CIMG1393.JPG


地元の巨木にちょこちょこ会いに行ってますが、月瀬の大杉はさらに凄く、
ただただ見つめるばかりです。

想像を遥かに超えていましたし、規格外の存在感でした。

上部に朝日が当たり神々しい姿をしていました。

CIMG1397.JPG

CIMG1403.JPG

CIMG1404.JPG

本当に地元の方々に大事にされているのが伝わってきます。

残念ながら道中ということで20分ほどの滞在でお別れしましが、
ずっとここにいたい感じでした。

しっかりパワーをいただき、さらに木が好きになりました。

お近くの方は是非会いに行ってみてください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
天然木 一枚板テーブルは愛知県津島市「鬼童銘木株式会社」
〒496-0017 愛知県津島市百町矢塚49
Tel : 0567-32-2904
Mail: info@kidomeimoku.co.jp
(営業時間) 9:00〜17:00
(定休日) 木曜日(木の日)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

村上社の楠(クスノキ)

ジンです


予告通り、巨木巡り第2弾。。。

昨日ご紹介した「笠寺の一里塚」を巡りつつ会いにいった大楠です。

「村上社の楠」

CIMG1185.JPG

枝を横に大きく広げた楠です。

CIMG1186.JPG

「村上社のクスノキ」
この樹は、根回り約13.2メートル、地上1.5メートルの幹回り約10.8メートル、
樹高約20メートル、枝張り東西役22メートル、南北約20メートル、
樹齢約1,000年といわれ、樹勢なお旺盛である。
市内では、その巨大さと根張りにおいて屈指のものであり、
昭和62年名古屋市天然記念物に指定された。


住宅地にありますので、ちょっと分かりにくいですが、
こんもりと頭が見えるのでなんとか辿り着くことができました。

CIMG1187.JPG

CIMG1189.JPG

CIMG1190.JPG

CIMG1191.JPG

CIMG1192.JPG


右下端に写っているのがSの奥さん。
樹の大きさが分かりますでしょうか。
CIMG1193.JPG

横に広い枝張りは必見です。

恐らく中は空洞になっているものと思われます。
大きな蓋がされていました。
CIMG1198.JPG
CIMG1197.JPG


右端に移っているのはS。。。
__ 4.JPG


巨木に会いにいくのもさることながら、
サイクリングの楽しみと言えば、やはり食べ歩きです。
(歩いていないので食べ歩きとはいわないかも・・・)


体力も使いますので、食べるものがとにかくおいしいです。


行きは・・・倉田コーヒーさんでアイスコーヒーをいただきました。
店員さんにお勧め商品のお話を聞きながら、おいしいコーヒーをいただきました。

いつもご馳走様です。セールが後日あるとのことで、買い物はその時にさせていただきますね。


そして、2本の巨木と対面したあとは、こちらもちょこちょこ寄ることが多い
隠れ家ギャラリー「えん」さんでランチ(とりハンバーグ定食)をいただきました。

Sの奥さんはこちらでなにやらシルバー?の「カエル」ものを購入していました。


とにかく動いた後は、車で行って食べるよりも10倍以上はおいしいと思います。

動いて食べる・・・当たり前のことですが、現代社会では難しくなっていますね。
生き物らしい流れで身体にもよいので、これからの季節サイクリングお勧めです

まだまだ対面していな巨木は近所にありますので、順次あいさつ回りする予定です
=========================================================
天然木 一枚板テーブルは愛知県津島市「鬼童銘木株式会社」
〒496-0017 愛知県津島市百町矢塚49
Tel : 0567-32-2904
Mail: info@kidomeimoku.co.jp
(営業時間) 9:00〜17:00
(定休日) 木曜日(木の日)
=========================================================

笠寺の一里塚 榎(エノキ)

ジンです

台風一過の休日、S夫婦は自転車で「笠寺一里塚」へ

CIMG1175.JPG

CIMG1178.JPG

CIMG1174-1.jpg

「笠寺一里塚」
一里塚は、慶長9年(1604)幕府が主要街道を整備し、
江戸(東京)日本橋を起点に、道程一里(約4km)ごとに道の両側に塚を築き、
榎などを植えたもので、旅人に距離を示しただけでなく、
荷物その他の運賃計算の基準にもなった。
ここは江戸から88里のところにあり、
名古屋市内を通る旧東海道に残る唯一の一里塚で、
東側の塚だけが現存している。

CIMG1184.JPG

塚の上にどーーーんと立ち上がっています。

__ 1.JPG

左隅に写っているのがS。。。

CIMG1182.JPG

CIMG1181.JPG

地元の方々に大切に守ってもらっていることがよく分かります。

CIMG1180.JPG

江戸時代の人が一生掛かって得る情報量を、現代では一日で得ていると言われています。

400年もの間、この地を見続けている榎は何を思っているのでしょうか。

いろいろな変化をこの木は見てきていると思うと不思議ですし、神秘的でもあります。


こういった巨木と対面するといろいろと考えさせられます。
そして何かパワーをもらえるような気がします。

まだまだ身近に何百年も行き続けている巨木がいくつもあります。

まだ会っていない巨木に挨拶に行きたいと思います
(もうひとつ巨木に会ってきましたので、明日UPします。お楽しみに。)
=========================================================
天然木 一枚板テーブルは愛知県津島市「鬼童銘木株式会社」
〒496-0017 愛知県津島市百町矢塚49
Tel : 0567-32-2904
Mail: info@kidomeimoku.co.jp
(営業時間) 9:00〜17:00
(定休日) 木曜日(木の日)
=========================================================

後日・・・間が空き過ぎました。。。

ジンです


   さらに詳細は後日ブログで紹介いたします


と綴ったのがちょうど3ヶ月も前・・・


すみません・・・すっかり忘れておりました。。。



清田の大楠

P1480689.jpg

根を保護する為に多くの大木は柵などが設けられ近づけないことが多いのですが

この樹は触ることができます。

ちなみに右下が身長174cmのSです。スケール代わりにお使いください。



もはや根元部分は樹というより、岩のような塊となっています

P1480695.jpg

幹が想像を遥かに超える太さなので枝が細く見えるかもしれませんが、

街路樹などより太い枝が何本も出ています。

P1480691.jpg


まるで林の中のようですが・・・一本の樹です。

P1480694.jpg

何を見てきて、何を考えているのか。。。

ただ黙って千年もの間この地に立ち続けているのです。


巨木と対面する度に、自分の小ささを痛感します。。。


是非、蒲郡にお立ち寄りの際には、清田の大楠に会い行ってください


清田の大楠(その1)

ジンです


消えてしまった前ブログでも紹介しました巨木を再度ご紹介。


清田の大楠


県下最大の樹とも言われていましたので

今年2月に愛知県蒲郡市へ会いに行って来ました






みかん畑に囲まれた小さな公園に立っています。

専用駐車場が用意されていますので、そこを利用してください。



説明によると・・・

  この地域一帯が「クスの樹海」で覆われていたとのこと。。。

昔はそういった場所がたくさんあったのでしょうね。

P1480670.jpg

太い幹からは、何本もの枝(とは言いがたい太さです)が

縦横無尽に伸びています。


千年以上もの間こうして生き続けている巨木と向き合うと

いろいろと考えさせられてしまいます。


木に携わる仕事をしていることを伝えて、パワーを頂いてきました。

さらに詳細は後日ブログで紹介いたします

カテゴリー:巨木巡り

ジンです


ブログを再開し一週間ほど経過しました。
過去に書いたカテゴリーも徐々に復活させていきたいと思います。

その中で好きだったカテゴリーが「巨木巡り」です。

テーブルになる板は、そうとうな巨木です。
通常、芯をよけて板を取ります。
(芯持ち材を使うこともあります。)

ですので、幅800mmといっても実際の樹の直径は、
それよりさらに大きいのです。


立っていたときの姿を想像できることも、
一枚板テーブルならではの、「魅了」であり「楽しみ方」だと思います。


大きな樹はなかなか身近に立っていませんが、

ちょっと意識してみると意外と近くに立っているかもしれません。

そんな巨木を名古屋市在住のネット担当S目線で
(番犬ジン目線のブログ・・・ということは一旦置いておいて)

ご紹介していきたいと思っています。


楽しみにしていてください

1

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Twitterボタン



today's weather

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR